Top > レイド > 次元の狭間オメガ零式:シグマ編2

レイド/次元の狭間オメガ零式:シグマ編2

Last-modified: 2018-03-10 (土) 12:22:09

概要 Edit

  • 参加条件
    • レベル 70
    • 平均アイテムレベル ~
    • 8人用
    • 「人数制限解除」非対応

戦利品 Edit


チャダルヌーク・デーモン Edit

正面のチャダルヌーク・ゴッデスに接近して、しばらくしてからボス本体(チャダルヌーク・デーモン)が出現する。
その為、直前の開始カウントと実際の戦闘開始とでは、当然ズレが生じる為、事前準備が必要なジョブは要注意。
また、開戦前に青の絵の具を踏んでおく事。
なお、戦士がいる場合、戦士はギミック対処の都合上、STに不向きなので、必ずMTにする事。
(もしもタンクが戦士2人の場合は、ギミック対処に時間を要する為、注意が必要)
1層に引き続き、方向指定が存在しない。
近接DPSはどこから殴っても構わないので、ギミックを回避しやすい場所で殴ると良い。

<マーカー設置例>

____________________
|絵                 絵|
|                  D|
|                   |
|  ピ テ         エ 黒  |
|                   |
|         セ         |
|  黄 岩         水 青  |
|     B              |
|A                  |
|絵C                絵|
――――――――――――――――――――

A=南西の絵画の北側外縁沿い
B=「岩の床絵」の南東(床絵が斜めになっているので、それに合わせて後ろに配置)
  ※丁度、北西の絵画から岩を挟んで一直線になる位置
C=南西の絵画の東側外縁沿い
D=北東の絵画の南側外縁沿い(北東の絵画の西側外縁沿い(上図の右上の「絵」の左側)でも構わない)

テ=テュポーン(風の吹き飛ばしが可能になる)
エ=エアシップ(地震を避けられる)
セ=セイレーン(無気力を解除) ※4色全てで塗る事で、戦闘中に1度だけ使える。
岩=岩(津波を避けられる)
水=水(火耐性を強化)

ピ=ピンク色の絵の具(テュポーンとセイレーンで使う)
黒=黒の絵の具(エアシップとセイレーンで使う)
黄=黄色の絵の具(岩とセイレーンで使う)
青=青の絵の具(水とセイレーンで使う)

注意事項 Edit

最初の「絵画憑依」からゴッデスが出現。
ゴッデスはターゲット出来ず、STをオートアタックで攻撃する。
なお、STが戦闘不能になった場合は、MTがゴッデスのオートアタックの対象となる。


フェーズ1(前半1) Edit

  • デモニックハウル
    ただの全体攻撃。
  • デモニックシアー
    ヘイト1位(MT)に対する大ダメージ攻撃。MTは防御バフで耐える。
    暗黒騎士ならブラックナイトを割ってブラックブラッドをためるチャンス。
  • 絵画憑依
    中央へ移動した後、詠唱。
    詠唱完了後、南東の絵画に憑依する。
    この時に水の床絵で自身に火耐性を付与しておく。
    この時点からゴッデスがSTに対してオートアタックを開始するので、ヒーラーはSTのHPにも注意。
  • フラッシュファイア
    即死級ダメージの全体攻撃。
  • フラッシュウィンド
    渦巻く風のエフェクトが表示され、集合マーカー表示。
    エフェクト上に集まり頭割りするか、ST1人で無敵アビリティを使って耐える。
    ただし、戦士のホルムギャングは「敵が射程外」の為、この手は使えない。
    (現在の主流は、ST1人で耐えるパターン=戦士はSTになる事が出来ない)
    ※暗黒騎士がリビングデッドで耐える場合は、直後に来るデモニックハウル食らうと同時に、
    白魔道士がベネディクションで全回復させる事。
    (白魔道士がいない場合は、魔法とアビリティを併用し、速やかに最大まで回復させる)
  • デモニックハウル
    フラッシュウィンドの直後に来るので、ヒーラーは全体回復。
    暗黒騎士が1人でフラッシュウィンドを受けていた場合、これを食らうと同時に全回復させる。
  • デモニックシアー
    再びヘイト1位(MT)への大ダメージ攻撃。
  • ポルターガイスト
    上のデモニックシアーと同時くらいに使用。ヒーラーはゴッデスの対角線上隅に待機しておく。
    ヒーラー1人とポルターガイスト(死神の幽霊)とがラインが結ばれる。
    一定時間で消滅するが、消える前に接近されると即死。
    ポルターガイストに視線が向いていると動きが止まり、背を向けると動く。
    簡単に言えば、任天堂のマリオシリーズに出てくるテレサ。
  • 女神の誘惑
    ゴッデスの位置から来る視線攻撃。被弾すると魅了されて勝手に動く。
    ポルターガイストとラインが結ばれているヒーラーは、
    眼のエフェクトが出てから、一呼吸置いて後ろを向き、
    発動したらすぐにポルターガイストの方を見る。
    • 他のPCも立ち位置に注意(ボスの真正面に立って殴っていれば必然的に回避する)
  • デモニックペイン
    タンク2人とDPS2人がラインで結ばれる。
    各々が距離を取る事で被ダメージアップのデバフがつかなくなる(ただしダメージは受ける)
    ―>―>という様なラインになっている状態から、紫色のラインに変化すればOK
    そこまで遠くに離れなくても問題なし(大体ボスのサークル直径の1.5倍くらいあれば十分)
    タンクが大きく距離を取った場合は、DPSはそのまま殴れる事もある。
    なお、もしも直前に魅了されていた場合は、切れると同時にスプリントで離れればギリギリ間に合う。
  • デモニックハウル
    全体攻撃。
  • 憑依解除
    詠唱が完了すると、中央へ移動。

フェーズ2(前半2) Edit

  • 絵画憑依
    詠唱が完了すると、南西の絵画に憑依する。
    詠唱完了前にB地点かC地点へ移動する(先に決めておく事)
    推奨はC地点への集合(B地点は近接攻撃が届かない為)
  • デモニックタイフーン
    一般的に大AoEとか呼ばれる物。
    絵画憑依の段階で、B地点かC地点に集まっているはずなので、
    そのままAoEを重ねて回避する(AoEが表示されたら即全員移動)
    回避(AoE上の攻撃エフェクト消滅)後は、全員C地点へ移動。
  • 極風
    風の塊がマップ全域に出現。
    ヒーラー2人のうちどちらかが(事前に決めておく)、ピンク絵の具を使ってテュポーンに乗り、
    マウントアクションでC地点に近い物を東へと吹き飛ばす。
    (これだけで構わないが、余裕があるならA地点に近いものも吹き飛ばす)
  • デモニックシアー
    ヘイト1位(MT)への大ダメージ攻撃。
  • デモニックハウル
    全体攻撃。
    もう1発来るので即座に全体回復。
  • フェザーランス
    極風が爆発し、周囲に即死級ダメージ。
    しっかり吹き飛ばしてあれば、C地点に来る事はない。
  • デモニックハウル
    続けざまの2回目の全体攻撃。
    先のデモニックハウルをしっかり回復出来ていれば、脅威ではない。
  • 死の口づけ
    DPS1人にマーカー出現。
    マーカーが消えると誰かにデバフを受け渡せる様になる(消えるまでは受け渡せない)
    STはA地点へ移動。
    対象になったDPSがA地点に移動してSTに受け渡したら、C地点へ戻る。
    STはA地点に待機し、受け渡されたら、カウント0になる前に防御バフ(ついでに防御スタンスに切り替え)
    特大ダメージが来るので、タンクでも、ノーバフかつ防御スタンスなしだと即死する。
  • デモニックハウル
    全体攻撃。
    STは、死の口づけで特大ダメージを受けた直後に来るので、STのHPには特に注意。
  • ポルターガイスト
    再びヒーラー1人がラインで結ばれるテレサギミック。
    対処方法はフェーズ1と同じ。
  • デモニックシアー
    ヘイト1位(MT)への大ダメージ攻撃。
    ポルターガイストの対象になっていないヒーラーが即座に回復する。
  • 女神の誘惑
    ゴッデスの位置から来る視線攻撃。
    対処方法はフェーズ1と同じ。
  • デモニックストーム
    頭割り大ダメージ攻撃。
    来る前にHPが最大付近まで戻っていないと危険。
    リプライザルやアドルを入れておくと、ポルターガイスト対処中のヒーラーが間に合わなくても安心。
  • デモニックハウル
    全体攻撃。
    デモニックストームで受けたダメージを、素早く回復させてさえいれば問題なし。
  • 憑依解除
    詠唱が完了すると中央へ移動。

フェーズ3(前半3) Edit

  • 絵画憑依
    詠唱中に青の絵の具を踏み、水の床絵を使う。
    更に続けて黒の絵の具を踏み、エアシップの床絵を使う。
  • フラッシュファイア&大地震
    水の床絵で得た火耐性強化状態でエアシップに乗っていないと即死。
  • フラッシュレイン
    ゴッデスの直線上or裏側、およびデーモンの側面(外縁部分)or裏側が安全地帯。
    ヒーラーはエアシップに乗った際にゴッデス(北西の絵画)正面か裏側へ、
    DPSはエアシップに乗った際にデーモン(北東の絵画)の側面か裏側へ、それぞれ移動しておく。
    ヒーラーは、これを回避しつつ子守唄(セイレーン)で自分が担当する色を回収しておくのが最良。
  • 実体化
    実体化したもう1体からタンク(MTとST)がランダムにオートアタックされる様になり、
    一部の技が実体化したもう1体から放たれる様になるため、詠唱がわかりづらくなる。
    以降、タンク(MTとST)のHPが削られるタイミングが増えるので、ヒーラーは注意しておく事。
    稀にタンク以外が狙われる事もあるので、注意。
  • デモニックペイン
    タンク2人とDPS2人がラインで結ばれる。
    対象方法は、フェーズ1と同じ。
    これが終わった時点で、子守唄のセイレーン担当(ヒーラー、遠隔DPS、魔法DPS)は、
    自分の担当する色を回収していない場合、速やかに回収しておく事。
    (ヒーラーは既に回収しているはずなので、主に遠隔DPSと魔法DPSが気をつける)
  • 子守唄
    全体に無気力(MPとTPが3秒毎に大幅に減少する)のデバフ付与。
    セイレーンの床絵を使う事で、デバフ解除&MPとTPが全回復。
    詠唱が見えたらセイレーン担当4人のうち、3人がセイレーンの床絵を塗り、
    詠唱が完了してMPが空になると同時に最後の1人(事前に決めておく)が塗ると対処しやすい。
    • もちろん、詠唱完了後に4人で同時に塗っても構わないので、やりやすい方で対応。
  • デモニックハウル×2
    子守唄の後に2連続で来る。
    2回目が来る前に無気力を解除し、全体回復を完了しておかないと、タンク以外はほぼ壊滅する。
    STは、ここで防御バフを使いたくなるが、死の口づけで使えないと即死しやすい為、使わない。
  • デモニックストーン
    DPS2人を対象とし、5連続で小型円形範囲攻撃を行う。
    対象者は、他のPCを巻き込まない様に逃げ続ける。
    これが見えたらSTはD地点へ移動しておく(なお、もっと前から移動しておいて構わない)
    実体化した側が詠唱するため、攻撃に気づきにくいので注意。
  • 死の口づけ
    DPS1人にマーカー付与。
    フェーズ2と同じ様にSTへ受け渡す。
    受け渡しは、D地点で行う(ST以外のPCはD地点にいない事)
    直前に実体化した側が、STのHPをオートアタックで削ってくる為、ヒーラーはSTを素早く回復する。
    (マーカーが消えたあたりで、STに対してゴッデスと実体化で、それぞれ1発ずつ短い間隔で来る)
  • デモニックハウル
    全体攻撃。STのHPに注意しておく事。
  • 憑依解除
    詠唱が完了すると中央へ移動。

フェーズ4(後半1) Edit

  • 絵画憑依
    詠唱が完了すると南西へ移動。
    このタイミングで、ヒーラーの1人(テュポーンに乗らない方)が、岩の床絵を塗って岩を出しておく。
    全員、C地点へ移動。
  • デモニックタイフーン
    大AoEと一般的に呼ばれるもの。
    C地点で予兆を重ねたらB地点へと退避。
    しっかり隅(C地点)で重ねておかないと、B地点が範囲に入ってしまうので注意。
  • フラッシュウェーブ&極風
    岩の後ろに隠れて回避。
    北西の絵画から一直線(マップ上では斜め)に来るため、岩の左端あたりだと直撃するので注意。
    しっかり岩の後ろに隠れる(近接攻撃が届かない位置が正解なので、タンクや近接DPSは下手に殴らない)
    同時に極風が出現するので、テュポーン担当は速やかにテュポーンに乗る。
  • デモニックハウル
    全体攻撃。
    この直後に極風の爆発が来るので、それまでにテュポーンで極風を吹き飛ばす。
    (必然的に、この攻撃の回復は、テュポーン担当ではないヒーラー1人で行う事になる)
  • フェザーランス
    極風爆発。
    極風を飛ばしてあれば、全員C地点に集まる事で回避は容易。
  • 実体化
    以降、タンクのHPに注意しておけば問題ない。
  • デモニックスパウト×2
    小AoEと一般的に呼ばれるもの。
    C地点で予兆を重ねたあと、A地点へ退避。
    更にもう一度来るので、C地点へ戻る。
    • C地点→B地点→C地点という回避方法もあるので、事前に決めておく事。
    • 極端な話だが、C地点→回避して2回目のAoEを捨てる→C地点に戻って頭割り
      という流れが出来さえすれば、捨てる先がバラけたとしても一応問題はない。
      ※ただし、B地点は設置位置が正しい場合、近接攻撃の射程外になるので注意。
  • デモニックストーム
    頭割り攻撃。デモニックスパウトの2回目と同時にマーカーが出るが、
    慌てず、全員でC地点へ移動するだけで、問題なく頭割り出来る。
    食らった後は急いで全体回復。
  • デモニックハウル
    全体攻撃。
    デモニックストームで受けたダメージを回復しきれていれば脅威ではない。
  • デモニックペイン
    タンク2人とDPS2人が結ばれるおなじみの攻撃。
    対処方法はフェーズ1と同じ。
  • 死の口づけ
    デモニックペイン終了後、STはA地点に待機。他はC地点。
    マーカーの対象者は、A地点でSTに受け渡してC地点へ戻る。
  • フラッシュレイン
    ボスの直下(裏側)にいれば問題なし。
    ボスから離れているPCは、事前にボスの直下(裏側)に移動しておく。
    なお、近接DPSはボスの正面から殴らない様にしてさえいれば、必然的に回避出来る。
  • デモニックハウル
    全体攻撃。
  • デモニックシアー
    ヘイト1位(MT)への大ダメージ攻撃。MTは防御バフを使用。
    デモニックハウルでHPが減ったままの状態だと危険だが、そうでなければ問題ない。
  • 憑依解除
    詠唱が完了すると中央へ移動。

フェーズ5(後半2) Edit

  • 絵画憑依
    詠唱が完了するまでに、青の絵の具で水の床絵を使い、
    更に黒の絵の具でエアシップの乗る(要するにフェーズ3の最初と同じ)
  • フラッシュウィンド
    フェーズ1の序盤(絵画憑依直後)に来た風の渦再び。
    出現位置は、テュポーンの床絵と、エアシップの床絵の中間あたり。
    頭割りする場合、どうやってもボスには攻撃が届かないので、タイムロスが大きい。
    よって、STが無敵アビリティを使って耐えるのが手っ取り早い。
    (なお、フェーズ1で使っていても、ここまでに再使用可能になっている)
    例によって戦士のホルムギャングは、射程外になる為に使えない。
    ナイトのインビンシブルか、暗黒騎士のリビングデッドを使う事。
    戦士2人の場合は、諦めて頭割り。
    ※暗黒騎士がリビングデッドで耐える場合は、ヒーラーは即座に全回復。
    (白魔道士がいる場合、フェーズ1のフラッシュウィンド時に使っているベネディクションが、
    リビングデッド同様、この時点で再使用可能になっているので、それをここで使えばOK)
  • デモニックハウル
    フラッシュウィンドとほぼ同時に来る全体攻撃。
    フラッシュウィンドを頭割りする場合、
    ヒーラーはフラッシュウィンドに回復を差し込まないと厳しい。
    ナイトか暗黒騎士が無敵アビリティを使うのなら、普通に回復すれば問題なし。
  • 実体化
    以降、タンクのHPに注意しておけば問題ない。
  • デモンズソウル
    ポルターガイストと同じだが、視線攻撃(魅了)の発動タイミングが異なる。
    死神(幽霊)が出たら、対象者は大きく円を描きつつ、死神(幽霊)を回り込ませる必要がある。
    • 水の床絵の脇(東側)を抜け、テュポーンの床絵の脇(北側)を走り、
      ピンク色の絵の具と、黄色の絵の具を踏み越えつつ、B地点付近へ向かうイメージ。
    • これで視線攻撃が背になるため、後は死神(幽霊)を見て、消えるまで待つ。
    • <死神を見ていなければいけない期間が長い>というだけなので、タンクよりも外側に移動(タンク・死神の両方を視線に入れる)すれば
      普通に攻撃・回復しつつ、魅了の瞬間だけ後ろを向く今までの対処法で回避できる。
  • デモニックストーン
    上記の死神(幽霊)が出た後にDPS2人を対象として来る5回連続範囲攻撃。
    フェーズ3同様、他のPCを巻き込まない様、走って回避(特にデモンズソウル対処中のヒーラーに注意)
  • デモニックハウル
    全体攻撃。
    この後に女神の誘惑(魅了の視線攻撃)が来るので、デモンズソウル対処中のヒーラーは、
    これが終わるまでに移動を終えておく。
    デモンズソウルの来なかった方のヒーラーは、速やかに全体回復。
  • 女神の誘惑
    ここでようやく来るので、魅了に注意(特にデモンズソウル対処中のヒーラーは死神(幽霊)にも注意)
  • デモニックシアー
    ヘイト1位(MT)への大ダメージ攻撃。MTは防御バフを使用。
    デモニックハウルでHPが減ったままの状態だと危険だが、そうでなければ問題ない。
  • デモニックペイン
    タンク2人とDPS2人が結ばれるおなじみの攻撃。
    対処方法はフェーズ1と同じ。
  • デモニックハウル
    全体攻撃。
  • 憑依解除
    詠唱が完了すると中央へ移動。
    この時点でボスのHPを残り10%未満まで減らせていないと、かなり厳しい。

フェーズ6(後半3) Edit

  • 絵画憑依
    詠唱が完了すると南西へ移動。
    このタイミングで、ヒーラーの1人(テュポーンに乗らない方)が、岩の床絵を塗って岩を出しておく。
    全員、C地点へ移動。
  • デモニックタイフーン
    大AoEと一般的に呼ばれるもの。
    C地点で予兆を重ねたらB地点へと退避。
    しっかり隅(C地点)で重ねておかないと、B地点が範囲に入ってしまうので注意。
  • フラッシュウェーブ&極風
    岩の後ろに隠れて回避。
    北西の絵画から一直線(マップ上では斜め)に来るため、岩の左端あたりだと直撃するので注意。
    しっかり岩の後ろに隠れる(近接攻撃が届かない位置が正解なので、タンクや近接DPSは下手に殴らない)
    同時に極風が出現するので、テュポーン担当は速やかにテュポーンに乗る。
  • デモニックハウル
    全体攻撃。
    この直後に極風の爆発が来るので、それまでにテュポーンで極風を吹き飛ばす。
    (必然的に、この攻撃の回復は、テュポーン担当ではないヒーラー1人で行う事になるが、
    以降、タンク以外が被弾する事はまずないので、タンクへの回復だけして、後は無視でも構わない)
  • フェザーランス
    極風爆発。
    極風を飛ばしてあれば、全員C地点に集まる事で回避は容易。
  • デモニックハウル
    長詠唱のタイムオーバー技。
    詠唱開始時に2%程度まで減っていれば、LB込みで削りきれる可能性はある。

コメント(ノーマル/零式共有) Edit

情報提供・修正依頼などこちらへおねがいします

コメントはありません。 コメント/レイド/次元の狭間オメガ零式:シグマ編2?

お名前: URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White