Top > 討伐・討滅戦 > 極白虎征魂戦

討伐・討滅戦/極白虎征魂戦 の変更点


 #contents
 
 *概要[#index]
 -参加条件
 --レベル 70
 --平均アイテムレベル 320〜
 --8人用
 --「人数制限解除」非対応
 
 *報酬[#reward]
 -確定
 |虚構:15|白虎のトーテム像|白虎シリーズ IL355武器/盾|
 -レア
 |古びた譜面|魔笛(マウント)|
 
 ----
 *戦闘前の確認事項 [#phase_intro]
 
 白虎の初期配置の後ろ、外周ギリギリにA
 8時と5時の方向にそれぞれBとCを、それぞれ設置する。
 
 頭割りのグループ決め
 グループ1:MT対象+ヒーラー1、DPS1、DPS2
 グループ2:ST対象+ヒーラー2、DPS3、DPS4
 
 暴風(爆弾低気圧)捨て
 ST(ST死亡時はMT):A
 ヒーラー:B(CにしてもOK)
 DPS:C(BにしてもOK)
 
 ''なお、&color(Red){STの方が};MTよりも重要度が高く、&color(Red){ギミックで失敗した時の影響が大きい};ので、注意。''
 *第1フェーズ:履行前[#phase1]
 
 開始されたら、''やや北寄り(Aマーカーを背にして1キャラ分くらい開ける)''にMTは移動して戦闘開始。
 &color(Red){''中央や北端では呪縛雷の際に事故が起きやすい。''};
 
 -''風雷波動''
 ただの全体攻撃。
 ヒーラーが全体回復。
 
 -''天雷掌''
 ヘイト1位(MT)対象の大ダメージ攻撃。
 MTは防御バフを使って耐える。
 
 -&color(Green){''呪縛雷>乾坤一擲''};
 &color(Red){''STにとって最重要となる場面。''};
 ヘイト1位を掴み、ボスの現在位置から一番遠い対角線上へ放り投げる。
 投げる前にヘイト1位のヘイトをリセット(ヘイトをからっぽにする)
 --放り投げられる先に頭割りマーカーが出るので、事前のグループ分けで、
 グループ1を選んだ者が速やかに集合する。
 ''STは、&color(Blue){%%%呪縛雷の詠唱が見えたら即「挑発」を使用する。%%%};''
 &color(Red){''詠唱完了時や、投げられてからの挑発ではヘイトリセット済みの為、''};
 &color(Red){''事故になりやすい上、%%%MTのヘイト稼ぎが無駄になる%%%ので要注意。''};
 
 --投げられたMTは、着地したら&color(Blue){''ボスがST側に振り向く瞬間に挑発。''};
 MTはSTが掴まれるまで何もしない。
 &color(Blue){''これで、MTが稼いだヘイトがそのまま維持''};され、以降の戦闘が楽になる。
 --今度はグループ2を選んだ者が速やかに頭割りマーカーへ集合する。
 --頭割りではあるが、投げられたPCが一番大ダメージの為、タンク以外では頭割りしても高確率で死ぬ。
 
 -''無間地獄''
 &color(Blue){いわゆる弾幕系シューティングゲームで良く見かける渦状の弾幕攻撃。};
 白虎から4方向に赤い弾が大量に放射され、それらがゆっくりと外周に向かって移動していく。
 これらは渦を描くように徐々に左回りか右回りに曲線を描きつつ移動していく為、
 こちらもそれに合わせて赤い弾の間を回っていく感じで動く。
 被弾するとダメージ+被ダメージアップのデバフ。
 
 -''祟り風''
 上の無間地獄中に使う攻撃。
 複数人が対象となり、対象者同士が接近すると、対象者と対象者周囲のPCが、
 上空打ち上げでダメージ+被ダメージアップのデバフ。
 特に対象者自身は、被ダメージアップが一気に2段階進む為、絶対に接近しない事。
 &color(Blue){敵に攻撃するよりも、対象者同士が接近しないようにする方が重要となる。};
 
 -''雷火一閃''
 白虎を中心とした横幅の広い直線攻撃。
 赤い弾を避けつつ詠唱完了前に安全地帯へ逃げる。
 --1度目は祟り風の後に使用し、中央から使用する為、攻撃範囲は狭い。
 --2度目は無間地獄の終了直前にフィールドの端へ移動した後、使用する為、非常に攻撃範囲が広い。
 
 -''半獣舞踏''
 本体が北端に移動し、本体と虎に分離される。
 虎の方は出現と同時に''STがヘイトを稼ぎ、南端に近い位置(本体と対角線上の位置)へ引っ張る。''
 (南端すぎると、近接DPSが遠雷をやや回避しづらくなるので、少し中央に近い所が最良)
 本体はそのままの位置をキープ。
 
 -''荒弾''
 半獣舞踏直後に、本体と虎、それぞれのヘイト1位を除いた対象2人への連続円形範囲攻撃。
 攻撃箇所は、一定時間ダメージゾーンと化す。
 ターゲットされたPCは西端と東端を通過するようにしつつ、外周沿いにST側へ移動。
 この際、MTに近い場所で受けてしまうと、続く攻撃を回避する際に事故りやすいので、
 MTに近い方で攻撃を受けてしまわない事。
 
 -''天雷掌&鉄爪斬''
 &color(Blue){本体がMTに天雷掌};を、&color(Blue){虎がSTに鉄爪斬};を使う。
 天雷掌は単体攻撃なので、特に気にする必要はないが、
 鉄爪斬はSTをターゲットとする扇状範囲攻撃なので、STはしっかり外周に向けておき、
 DPSやヒーラーは虎の前や斜め前に立たない事。
 どちらも大ダメージの為、ヒーラーは速やかに回復。
 数発来る為、''HPをしっかり回復出来ていないと、防御バフで耐えていてもタンクが落ちる。''
 
 -''遠雷&百帝衡>雷火一閃''
 本体が遠雷を、虎が百帝衡を使う。
 遠雷は、広範囲のドーナツ範囲攻撃で、本体の足元のみが安置。
 百帝衡は、距離減衰攻撃で、STを起点とする。
 --STは、南端によって攻撃を待つ(遠雷の対象外)
 --ヒーラーとDPSは急いで本体の足元へと移動。
 なお、近接DPSはスプリントを併用した方が安全。
 --遠雷と百帝衡が終わると同時に雷火一閃。
 これは誰かをターゲットとしてそこに向けて一直線に攻撃する為、
 これまでの行動でミスしていなければ、全員がほぼ一直線上に並んでいる為、
 左右の空いている方へ逃げればOK
 
 -''風雷波動''
 全体攻撃。
 来る前に全員のHPを回復しておけば問題なし。
 
 -''雷声''
 虎が咆哮し、外周に光の玉が複数出現。
 この玉が虎に接触すると虎のHPが1個につき50000ほど回復してしまうので、その前に接触して割る。
 ただし、玉はダメージ+TP300減少の為、タンクや物理DPSが接触するのは最終手段。
 基本的にTPを必要としない魔法DPSかヒーラーが割って回る事。
 
 -''雷轟''
 虎のHPに応じた全体ダメージ。
 虎のHPを30%以下にしていないとまず耐えられない。
 (というより、この虎のHPを20%以下に出来ない様では、時間切れでクリア不可になりがち)
 
 ここまでで第1フェーズ(前半)終了。
 *第2フェーズ:履行[#phase2]
 
 -上空に打ち上げられ、弾幕回避シューティングが開始される。
 ''カメラをキャラの頭上(真上)に''まわして、飛んでくる赤と黄の弾を回避していく。
 なお、外周の黄色い枠を越えると即死するので外に出ない事。
 
 -途中で、中央安置のドーナツ範囲攻撃と突進直線攻撃が来るので、それも回避する。
 特にドーナツ範囲攻撃と突進直線突撃は被弾するとノックバックする為、
 食らった場所によっては場外にふっとばされて即死するので、必ず回避。
 
 -''被弾者と戦闘不能者が少ない程、LBゲージが蓄積する''ので、なるべく全員ノーダメージを狙う事。
 基本的に無駄な動きをせず、近づいてきた弾を避けつつ、白虎の接近が見えたら中央に移動。
 直線攻撃は1度だけ弾と一緒に来るが、最悪、弾を食らってもいいので直線攻撃は回避。
 *第3フェーズ:履行後[#phase3]
 基本的に第1フェーズと同じ攻撃で、一部の技の使用回数が異なる程度。
 なお、風雷波動は2連発になる為、注意。
 雷轟までの流れは同じで、その後、もう一度虎出現までの流れを繰り返した後、タイムオーバー。
 以下は追加される攻撃手段。
 ----
 -''天つ雷>百雷繚乱''
 &color(Blue){''呪縛雷の直前に来る、''};&color(Red){>>>};マークの攻撃。
 この&color(Red){>>>};マークの方向へ百雷繚乱という麻痺+ダメージの攻撃を連続で放っていく。
 &color(Red){>>>};マークは4方向のあと、更に4方向で最終的に8方向になるが、
 同時に来るわけではないので、最初の4方向を避けた後、すぐにその方向へ戻れば次も回避可能。
 MTは別に回避しなくても構わないが、呪縛雷のタイミング次第では被弾して麻痺するので注意。
 (なお、端まで後退すれば被弾しない)
 &color(Red){''STは回避しつつ、呪縛雷の詠唱が見えたら即座に挑発。''};
 &color(Red){''遅れるとこれまでの蓄積ヘイトが無駄になり、不安定化する為、非常に重要な場面。''};
 
 -''旋体脚''
 白虎後方以外に安置がない超広範囲の扇攻撃。
 &color(Blue){''乾坤一擲でSTを投げた直後に来る。''};
 その為、MTはSTの投げられる方へ移動し、頭割りマーカーに入らない様にしておく。
 これで、詠唱が開始されるとSTの投げられた方向に攻撃が固定される為、
 DPSとヒーラーが回避しやすくなる(DPSとヒーラーはSTの投げられた先の対角線上に移動すれば良い)
 この際、&color(Red){''STが変な方向に投げられると事故りやすくなる''};為、
 MTが投げられた後、''STは白虎の後を追い、北へ投げられる様に南寄りに移動しておく事。''
 
 -''爆弾低気圧>暴風''
 &color(Blue){''無間地獄中に来る。''};
 ST(STが死んでいる場合はMT)、ヒーラー1人、DPS1人をターゲットとする円形攻撃だが、
 発動後に徐々に広がる暴風というダメージゾーンを生成する。
 事前に決めておいた通り、ABCにそれぞれ捨てに行く。
 &color(Red){''この暴風の範囲が別の暴風の範囲と重なると、大ダメージの全体攻撃が来て''};
 &color(Red){''一瞬で壊滅しかねないので、狙われたPCはしっかり捨てる事。''};
 
 -タイムオーバー
 風雷波動をひたすら連発した後、詠唱の長い風雷波動が来る。
 この詠唱が完了した時点で全滅確定。
 
 ''※その他の注意点''
 第1フェーズ同様に、途中で本体と虎に分離されるが、
 遠雷と雷火一閃が2連発で来る上、雷轟のダメージが非常に上がっている。
 
 -前者は遠雷1撃目と雷火一閃を回避したら、DPSとヒーラーは速やかに白虎の足元へ走る事。
 (MTとSTは回避するだけで問題ない(白虎がMTを追従する為&遠雷はSTまで届かない為))
 そして、2撃目の遠雷を回避したら再び雷火一閃を回避する。
 
 -後者は、かなり削りが厳しくなっている為、どうにもならない場合は近接DPSがLBで削る事。
 
 -&color(Red){''ジョブ被りがない場合''};は、ここまででLBゲージが3本溜まっているはずなので、
 最初から虎を無視して本体を殴り続け、雷轟の発動直前にSTがLBを使う、という最終手段も一応ある。
 *コメント(真/極共有)[#comment_jadestoa_extreme]
 ''情報提供・修正依頼などこちらへおねがいします''
 #pcomment