Top > 討伐・討滅戦 > 極ビスマルク討滅戦

討伐・討滅戦/極ビスマルク討滅戦

Last-modified: 2017-03-21 (火) 03:08:11

■参加条件
レベル 60
平均アイテムレベルによる制限はなし
8人用
「人数制限解除」非対応

■報酬
法典:15
禁書:8


流れ Edit

 大まかな流れは真ビスマルクと同様。ただしフェイズ2以降は非常に凶悪になっている。

フェイズモブ主なギミック
フェイズ1ヴンド族2種(物理タイプ・魔法タイプ)DPSチェック
フェイズ2サヌワ型2種(青色・緑色)サヌワ型モブ2種の分担
DPSチェック
バブルブロウ
フェイズ3ヴンド族3種(大・中・小)乱気流デバフ
天候によるパターンの変化
DPSチェック

主なギミック Edit

  • 。庁丕咼船Д奪
  • ▲汽魅鏃織皀孱下錣諒担
  • M雉のデバフ
  • づ係によるパターンの変化

ギミック 。庁丕咼船Д奪 Edit

  • ほぼあらゆるステップがDPSチェック。
  • 単純に装備が強力であればよいというものではなく、フェイズ2においては竜巻に巻き込まれると厳しくなるため、。
  • DPSは法典武器改を含む平均IL 160 が目安。スキル回しに自信がなければ 165 〜 170 は欲しい。

ギミック◆.汽魅鏃織皀孱下錣諒担 Edit

  • フェイズ2のギミック。
  • 出現した数秒後と、以降一定の周期(後述)で青サヌワが「デッド・ウォーター」、緑サヌワが「デッド・ウィンド」というアクションを使用する。
  • これらはそれぞれ「タンク1名・ヒーラー1名・DPS2名を対象とする」かつ「対象の重複がない」。(つまり8人それぞれがどちらかひとつの対象になる)
  • 「デッド・ウォーター」の対象には「水の呪縛」(青デバフ)、「デッド・ウィンド」の対象には「風の呪縛」(緑デバフ)が付与される。
  • デバフと同じ色のサヌワを攻撃するとダメージを受ける。(気づかないと一瞬で死ぬレベル)
  • そのため、どちらのデバフが付与されるかが確定するごとに、分担を変更しなければならない。
  • このデバフは、デバフの持続時間が切れるのと同時に再使用され、その度にランダムに振り分け直される。振り分け直しの際に、気づかずに殴り続けないように注意すること。
  • タンクが入れ替わる際は、サヌワは移動させずに、タンクが速やかに位置を入れ替わる(+挑発を使用する)こと。「デッド・○○」の直後はサヌワが短時間だけ移動しないので、その間に入れ替わる。

ギミック 乱気流デバフ Edit

  • フェイズ3で重要となるギミック。(フェイズ1でも存在はするが、実質的な影響はないので無視してよい)
  • ビスマルクに飛び乗って攻撃していると「乱気流」デバフが付与され、その間に一定時間ごとにスタックしていく。
  • このデバフはDoT効果であり、スタック数がある程度まで増えると現実的に戦闘続行が困難になる。
  • ビスマルクを攻撃できる機会すべてに毎回攻撃していると、前回分のデバフが解除されていない状態でスタックが増えることになってしまう。
  • そのため、現在は奇数回目と偶数回目の担当を分けるのが主流。
  • 奇数回目は近接DPSを中心、偶数回目は遠隔DPSを中心にする傾向があるが、パーティーの構成や各々の装備なども踏まえて調整するとよい。
  • なお、4回目は全員で攻撃する。これは、浮島の耐久力の問題で、5回目の機会は持てないため。
  • 現在(ver. 3.4〜)ではアイテムレベルの上昇により、一度の攻撃で終わる場合が多い。その場合、ヒーラーを含めた8人全員で背中に乗り、心核を攻撃する。ヒーラーはビスマルクの着岸前にメディカラや士気高揚の策などを使っておくと安心。

ギミックぁ‥係によるパターンの変化 Edit

  • フェイズ3のギミック。
  • モブが出現した少し後に天候がランダムに変わる。(「天候を操作した」というメッセージが発生する)
  • 天候には「雨」「暴雨」「雷雨」の3種があり、それぞれ異なる対処が必要となる。

Edit

  • 水球型のモブが出現するので、これを倒す。
  • 天候変化の少し後で、中央に大ダメージ+被ダメージ増加デバフの攻撃が発生するので、これは避ける。

暴雨 Edit

  • 天候変化の少し後で、ランダム方向の吹き飛ばしが発生するので、内側に寄っておく。
  • その後、中央を除く全体に大ダメージ攻撃が継続的に行なわれるようになるので、中央で戦う。

雷雨 Edit

  • 水球型のモブが出現するが、これは倒さない。
  • 周期的に極大ダメージの範囲攻撃がランダムターゲットで発生する。ただし水球型モブが残っている場合は、モブが優先的に対象となる。
  • 他のプレイヤーや水球に重ならないようにすること。