Top > 討伐・討滅戦 > 極ニーズヘッグ征竜戦

討伐・討滅戦/極ニーズヘッグ征竜戦

Last-modified: 2017-04-02 (日) 01:46:45
ニーズヘッグ征竜戦極ニーズヘッグ征竜戦

概要 Edit

  • 参加条件
    • レベル 60
    • 平均アイテムレベル 220〜
    • 8人用
    • 「人数制限解除」非対応
  • コンテンツ難易度
    • DPSチェックは比較的やさしく、武器がIL225以上(230推奨)であれば、防具がIL下限(220)でも十分倒せる。
      反面、敵の攻撃で受けるダメージが全体的に高い為、マテリア等でVITを増強しておいた方が楽である。
      なお、ヒーラーやタンクも武器IL225以上推奨。IL210等だと回復力やヘイト稼ぎ&維持に不安が残る。
  • 必要命中(目安)
    正面:676〜(防御スタンス有)
    背面側面:650〜
    魔法:575〜

報酬 Edit


第1フェーズ(竜型) Edit

92%以下までは普通に進行。
92%以下、かつ一定時間経過になると、下記に移行。
(一定時間経過するまでは戦闘が継続されるが、89%で強制的に下記に移行)

  • 真紅の吐息
    • 第2フェーズまでの間に、定期的に使用する。
    • MTのいる方向に扇範囲攻撃。
    • ダメージは14000以上なので、DPSやヒーラーは受けない様に注意。
      MTも、DPSやヒーラーに攻撃範囲を向けない様に注意。
      開幕直後とカータライズ終了後のタッチダウン直後に使ってくる事が多い為、この2箇所で、
      MTがヘイトを稼ぎ向きを固定する前に、DPSがMTのヘイトを上回ったりしない様に注意しておくと良い。
  • 竜の咆哮
    • 第2フェーズまでの間に、定期的に使用する。
    • 全体に6000〜8000程度のダメージ
    • 食らい次第、即座にヒーラーが広域回復魔法を使えば特に問題はない。

  • カータライズ
    • ノーマル戦では見えていた範囲予兆が表示されなくなるので、ボス位置を目視で確認して回避しなくてはならない
      1回目は北か東、2回目は南か西から来るので、ニーズヘッグが飛んだらカメラを北東に向ける。
      回避したらカメラを180度回して南西に向けると、ニーズヘッグの影を捉えやすい。
      被弾した場合のダメージは17000以上なので、VITを高めていないとまず耐えられない。
  • ホリッドロア1
    • 初撃のカータライズと一緒に来るので、渦が出るのを待ってから回避行動開始。
  • ホリッドロア2
    • 対象と周辺に雷攻撃。マーカー持ちは回避行動を取りつつ周りを巻き込まない位置へ。
  • タッチダウン
    • 物理属性の全体攻撃。被ダメージはおおよそ4000〜5000
    • 物理ダメージ軽減が非常に有効。
    • 忍者は残影、黒魔道士はウォールで、それぞれダメージを大きく軽減可能。
      (2回連続でホリッドロア2の対象になってしまった場合に使うと安心)
  • ヒートウィング(両側範囲) ヒートテイル(中央範囲)
    • 上記2つも同じく範囲予兆が表示されないので、詠唱名を見てどちらに回避するかを判断しなくてはならない
      どちらにしても、回避したら一度そこで待機し、ホリッドロアの渦が出たら回避開始。

  • ヒートウィング&ヒートテイル後、一定時間内にHPを80%以下まで削ると竜の咆哮後に、雑魚を召喚し、フェーズ2へ。
    ※80%以下になっても、一定時間が経過するまでは戦闘が継続するが、78%で強制的にフェーズ2へ。
    一定時間内に80%まで削る事が出来なかった場合は、カータライズへ戻る。
    (もっとも、ここでカータライズに戻った場合、クリアは絶望的)

第2フェーズ(雑魚召喚) Edit

  • (左)シャドウ・ブロビニャク / (右)ファラク / (中央)ウェアドラゴン
    • プロビニャクは物理ダメージ増加、ファラクは魔法ダメージ増加のデバフを付与する。
    • 特にファラクのダメージが大きくスタックが1→2の時点でノーバフで3万前後、2→3は無敵等が無ければまず即死する。
      ファラク側がデバフ3になる前にプロビニャクを倒し、タンクは速やかにスイッチする。
      ファラクの攻撃はデバフが残り20秒程度で次の攻撃が来るのでそのタイミグに合わせてバフを貼ると良い。
    • ウェアドラゴンがファイアボールを使う様になっている。
      これは長距離にいるPCが狙われる傾向にある為、遠隔or魔法DPSやヒーラーで誘導すると良い。
      なお、魔法属性であり、ファラクのデバフで魔法ダメージ増加状態だと、50000ダメージを超えるので要注意。
    • 時間以内に倒せないと次の竜詩で全滅確定。
  • 終焉の竜詩
    • ニーズヘッグのセリフとノックバックが発生した時点で雑魚を殲滅していないと全滅。
    • バリア等の広域バフを張ってダメージを軽減しつつ耐え、即全体回復。
      • MTがナイトなら、ここでディヴァイン・ヴェールを発動
 

流れとしては、
【DPS】 ウェアドラゴンに注意しながら、(左)ブロビニャク→挑発された(右)ファラク→最後に残ったウェアドラゴンの順に倒す。
タンクが両側の雑魚を1匹ずつ持つ。スイッチの対象は右側ファラク。
【(左)プロビニャク担当】 デバフが付与されるごとにAAが痛くなってくる。ファラク担当タンクのデバフが2〜3になるか、プロビニャクを倒したらファラクを挑発する。
その後ファラクを持つ時デバフ1→2の大ダメージに注意する。
【(右)ファラク担当】 前述の通りデバフを付加する攻撃が非常に痛いので、1→2の時に軽減を何重にも掛けておくこと。
2→3まで持つ場合は、タイミングに合わせて無敵アビリティを使ってしのぐ。
余裕があれば、ファラクを取って左側に引っ張るとDPSが少し稼ぎやすくなる (デバフ付きの雷放電は相方タンクに当てないように注意)
【ヒーラー】 ウェアドラゴンに注意しつつタンクの回復。特にファラクの1→2がタンクでも25000近いダメージなので、HPMAXを維持してバリアも合わせたい。
2→3でタンクが無敵スキルでしのぐ場合は、必要ならば直後のHP回復のフォローをしっかり(特に戦士)
次にプロビニャク担当がファラクを挑発した後は、まだ物理被ダメのデバフが残っていてAAが結構多いので、こちらのフォローにも気をつけよう


第3フェーズ開幕時の事故を防ぐ為にも、MTは死なない事。ヒーラーもSTはともかくMTは死なせない様に要注意。

第3フェーズ(竜人形態) Edit

第2フェーズ中にタンクが戦闘不能になった場合、そのタンクはヘイトが0からスタートする。
MTが戦闘不能になっている場合、ヒーラーやDPSにタゲが向くので、注意が必要。
(大体固まっているはずなので、そのままだと開幕のドラッケンランスでヒーラーとDPSが瞬殺される)

  • ドラッケンランス
    • 正面方向への範囲攻撃。MT以外はニーズヘッグの向いている方へ立たない事。
  • アラモーン
    • ニーズヘッグ版デスセンテンス。4秒の詠唱後に特大ダメージ。MTはバフで耐える。
      ヒーラーは、これの詠唱が見えたら、即回復出来る様に準備しておく事。
  • ハイジャンプ
    • 赤黒い予兆円+マーカーの対象者とその周囲に大ダメージ。
      マーカー対象者は隅に捨てに行く。捨てたらすぐ戻らないと、
      ハイジャンプ落下地点にペインのダメージゾーンが出現する。
  • ゲイルスコグル
    • ハイジャンプ終了後に来る直線攻撃。全部で4ライン。
      18000以上のダメージなので、これを食らうくらいなら、ダメージゾーンに乗る方が余程マシである。
  • ソウルテザー
    • ゲイルスコグルの発動と同時に来る。DPSかヒーラーにラインが結ばれる。
      21000以上のダメージなので、STがラインを遮ってターゲットを奪う。
      ターゲットされたDPSやヒーラーは、なるべくSTの方に近づいておくか、分かりやすい位置にいると良い。
      なので、DPSとヒーラーは、ゲイルスコグルを回避したらニーズヘッグの方に速やかに戻る(間違えても隅に行かない)

ある程度(70%程度まで)HPを削ると、下記へ以降。


ここから、通称「爪牙フェーズ」

  • 邪竜の爪/邪竜の牙

    ニーズヘッグ
    容易く逃げられると思うなよ!
    我が爪は命に食い込み、我が牙は苦痛を食らう!

邪竜の爪邪竜の牙
3人が赤い鎖で繋がれる
繋がれた者がダメージを受けると爪もダメージを受ける
攻撃して破壊するのではなく、赤線者がダメージを受けて破壊する
フレアスター処理、アイ・オブ・タイラントに積極的に当たりに行く
3人が青い鎖で繋がれる
繋がれた者がダメージを受けると牙が回復する
自爆するまでに全力で攻撃して破壊
青線者のうち1人が頭割り範囲のアイ・オブ・タイラントに選ばれるので、赤線3人と一緒に受ける

※フレアスター:青い球体 触れると爆発する。
放置すると青線保持者の方へ向かうので、赤線保持者が速やかに取る。
青線保持者は絶対に巻き込まれてはいけない。

※アイ・オブ・タイライント:頭割り攻撃 赤線持ちは全員きっちり受ける。
牙を破壊した後も、なるべく赤線持ちだけで受ける事(全員で分散すると、爪へのダメージが足りなくなる場合がある)
アイ・オブ・タイラント直後に青線と赤線の保持者が再セットされる(入れ替わりではない)
MTに青線が向いたら、即座にSTがスイッチしないと、牙が凄い勢いで回復してしまう。
アイ・オブ・タイラントが見えたら、STはMTを注視しておき、青線が付いたかを即座に確認。
もし、青線が付いていた場合は、速やかにスイッチしつつ、牙から距離を取る。
(無論、MTも自分の線の色に注視しておき、青線がついた場合はヘイトを稼がない様にする事)

2回目のアイ・オブ・タイラントが来る前に牙を壊せると非常に安心。
そこまでに壊せないとしても、残り数%まで減っていないと、普通に殴り切って倒すのは、かなり厳しい。
(単体攻撃LBを撃てば間に合う場合もあるが、ここで使うと第4フェーズでヒーラーLB3の保険がなくなる)

爪と牙を破壊し、そこから少し経過(アラモーン×2→ドラッケンランス)すると、下記へ以降。

  • ※ナイトは、この隙にディヴァイン・ヴェールをしておくと、
     次のハイジャンプとダークドラゴンダイブで、DPSとヒーラーが受けるダメージを軽減する事が出来る。
  • ※火力が非常に高い場合(目安はニーズヘッグのHPが40%以下)、次の「塔フェーズ」がスキップされ、第4フェーズへ移行、即座に怨嗟の雷が来る。

ここから、通称「塔フェーズ」

  • ハイジャンプ+ダークドラゴンダイブ
    • ハイジャンプのマーカーがヒーラー2人に点灯し、同時に塔が4本出現。
    • 塔の対処法は概ね2通りあり、DPS4人が各塔の上に乗る、もしくはヒーラー2人とDPS2人が各塔の上に乗る。
      どちらの対処法も一長一短があるので好きな方で(各パーティ毎に決めて)構わない。
      どちらにしてもタンク2人はそれぞれが各ヒーラーの側に寄っておくと、続くソウルテザーのラインを奪いやすい。
      • 概ね、ヒーラー1が北西と南西の塔の間に、ヒーラー2が北東と南東の塔の間にハイジャンプを捨て、
        塔の処理をしたDPSが端(北端or南端)に寄り、次のハイジャンプを捨てるという流れが安全。
    • 塔の上に乗らないマーカー持ちは四隅や塔の隙間に捨てる。
      • この塔が出現するタイミングで、ヒーラーは各種バリアやリジェネ(メディカラ)などを付与しておくと良い。
  • ゲイルスコグル+ソウルテザー
    • ゲイルスコグル4ラインとソウルテザー2つの同時攻撃。ただし、今回はソウルテザーの対象がヒーラー2人で固定。
      ヒーラーは東西の隅方向へ移動しておき、MTとSTがそれぞれのヒーラーからラインを奪う。
  • ハイジャンプ
    • ダークドラゴンダイブの直後にハイジャンプのマーカーが4人に付くが、
      発動はゲイルスコグルの後のこのタイミングとなる。
      炎ダメージゾーンの真上or真下に捨てるのが基本となるので、ここにゲイルスコグルのラインが来ている場合、
      ゲイルスコグルを回避してからハイジャンプを捨てに行く。
    • ヒーラーはこれが来る前に速やかに自己回復。
      (おそらく1つ前のハイジャンプでHPが減っているはずなので、回復なしでは耐えられない事が多い)
  • スーパージャンプ+ゲイルスコグル
    • 円が広がる予兆表示。直後にゲイルスコグルが4ライン出現する。
      円の中心点から離れるほどダメージが軽減されるので、ゲイルスコグルの範囲を避けつつ離れる。
      (ゲイルスコグルの方が先に炸裂するので、ゲイルスコグル後にも若干だか逃げる時間がある)
      離れた場所でも、HPが8000程度残っていないと死亡する可能性が高い。
    • ここまでの各種攻撃によるダメージで、HPが8000を切っているPCが多い状態になっているはずなので、
      ヒーラーは、スーパージャンプが来る前に全員のHPを大きく(出来れば最大まで)回復する必要がある。
      • なので、HPの減っているPCは回復魔法を受けやすい様、なるべくヒーラーに寄る事。
      • また、ヒーラーは移動しつつ範囲回復魔法を使える様、迅速魔を残しておくと安全。

〜〜〜塔散開例〜〜〜
   
     D1  D2
  MT H1   H2 ST
     D3  D4
          
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

H1とH2がハイジャンプを塔の間に捨てた後……

〜〜〜塔散開例〜〜〜

    ↑D1  D2↑
  MT←H1   H2→ST   ←ここでヒーラーからタンクへ紫のラインを受け渡す
    ↓D3  D4↓

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

DPSは、炎から離脱、下記の位置でハイジャンプを捨てる(マーカーがついている場合)
ヒーラーはやや南へ、タンクはやや北へ。
ヒーラーは、ここまでに回復を忘れずに行う。

〜〜〜塔散開例〜〜〜
     D1   D2 
  ↑MT       ST↑
  
   ↓H1      H2↓
      D3  D4
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


第4フェーズ(邪竜形態) Edit

  • 怨嗟の雷
    • スーパージャンプに耐え、HPをある程度まで削るとニーズヘッグが飛び上がり、放ってくる。
      10000程度のダメージ。
      • ヒーラーは、事前にタンクのHPを11000以下にしない様にしておく事と、
        これが来た直後に素早く全員のHPを全回復する必要がある。
        特に被弾後の回復が不十分だと、次の回避不能なホリッドロア2で死人が出る。
  • カータライズ+ホリッドロア1+ホリッドロア2
    • 一番最初のフェーズに放ってきたのと同じコンボ攻撃。
      ただし今回は方向が完全ランダム+ホリッドロア2の対象者が6人に増加。
      また、ホリッドロア2の被ダメージ(威力)がフェーズ1より増加している為、要注意(フェーズ4全体で)
      ※ホリッドロア2は、大体10000程度のダメージ。
  • タッチダウン
    • カータライズ終了後に来る物理属性全体攻撃。
    • パーティの大半が、ホリッドロア2によって大きくHPを削られている為、
      HP回復が間に合っていないと、これでトドメを刺され死人が出る可能性がある。
      例によって、忍者は残影、黒魔道士はウォールで簡単に耐えられる。
  • 邪竜の怨念
    • MTに対してスタックするデバフ「邪竜の怨念」付与。
    • 8スタックした時点で死亡する。
      • なお、それ以外の効果はない(被ダメージ増加等の要素はない)
    • 5スタックあたりでスイッチ(大体後述する真紅の玉が終わった後のアクモーン辺りで5スタック)
      アクモーンに耐えた直後のタイミングでスイッチしてしまうのが安定する。
      (それまでSTをやっていた人間が、スイッチしつつ、ニーズの背まで走る等)
    • これは、以下のループの合間に一定間隔で使用してくる為、タンクは倒すまで定期的にスイッチを忘れない事。

ループ中、下記を定期的に使用。

  • 真紅の吐息
    • MT方向への扇範囲攻撃。
    • アクモーン2回目以降に使用する。
    • タンクの防御力で約14000ダメージ。DPSやヒーラーの防御力では約20000ダメージ。
      絶対にDPSやヒーラーが食らってはいけないし、MTはDPSやヒーラーの方に向けてはいけない。
      ほぼ確実にアクモーンの後に使用してくるので、MTがアクモーンの頭割りに参加する際は、要注意。
  • 竜の咆哮
    • 全体に10000程度のダメージ。
      大体、ヒートウィングの前に来る事が多い。
      これでHPが減った状態で回避不能なホリッドロア2を受けると、ほぼ即死確定。
      これを受けたら、ヒーラーは速やかに全員のHPを回復する。
      これを受けた直後の回復を怠ると、確実に死人が出る。

  • アクモーン1
    • 頭割りの連続攻撃。集合してひたすら範囲回復で耐える(これが来る前に全員のHPを最大にしておく事)
    • 初回は4発、それ以降は徐々に弾数が増えていく。
      • MTの頭割り参加は自由だが、当然MT参加の方がヒーラーの負担が減る。(死人が出ている場合は積極的に参加しよう)
        ただし、MTが混ざる場合、アクモーン終了後に使う「真紅の吐息」が来る前に、向きを変える必要がある。
        最後の一発が着弾した後に移動するとややシビアなため、間に合わないようであれば着弾中に移動してしまっても良い。
        この為、MTが混ざるか混ざらないかは、戦力や状況に応じて変える様にしよう。
        ただし、2回目のアクモーンまで「真紅の吐息」を使用しない為、初回アクモーン直後は位置取りに気を使う必要はあまりない。
    • ここは、ヒーラーが全力で頑張る以外の手はない。
      迅速魔、神速魔、ライトスピード、ディヴァインシール、シナストリーなどを駆使しよう。
      • 白は初弾着弾に合わせてメディカラ発動→ケアルガ詠唱、
        占は初段着弾に合わせてアスペクト・ベネフィクや運命の輪が入ると安心。
        ※白は初弾着弾時にメディカラを入れていないと押し込まれる可能性あり。
    • 戦闘不能者が多く危険そうなら、着弾前にヒーラーがLB3を使ってしまうと良い。
      • ただし、着弾するタイミングで使っても遅いので、その場合はタンクLB3で耐えると良い。
    • また、単体LB3を撃ち込むのも、このタイミングが一番安全(アクモーン終了までに硬直が解除される)
  • 真紅の玉1
    • 3箇所(中央+外周隅2箇所)に3個ずつ配置される。
      (下図は、フィールドを9分割した図で、この図の、■の内の2箇所+●の地点に3個ずつ配置される)
      (最初に■の内のどれか1箇所に3個配置され、次はその対角線状の■に3個、最後に●の所に3個である)
      ■ □ ■
      □ ● □
      ■ □ ■
    • 外周隅の6個が炸裂した後、中心の3個が炸裂する。
  • ヒートウィング→ホリッドロア1→ホリッドロア2
    • 真紅の玉1の直後に使う。フェーズ1の時同様にニーズヘッグのいるラインで待機。
    • 即座にホリッドロア1が来るので、渦が見えたらニーズヘッグの腹下辺りまで前に進み、
      (前に進みすぎてMTのホリッドロアに重ならない様に注意しつつ)ホリッドロア1を回避。
      四隅2箇所に出現した玉が爆発するのを確認し次第、速やかに続けてくるホリッドロア2を、
      四隅に捨てに行く(重なりすぎない様に、四隅のそれぞれの崖際に捨てる)
      • ※この時、完全な隅(角)の部分に円を配置してしまわない様にする事。
      • 中央からの十字方向(東西南北一直線)は真紅の玉の爆炎が来るため、入らない事。
        (ホリッドロア2と爆炎の両方を受けると、ほぼ確実に即死する)
      • マーカー持ち以外も四隅の隙間へ退避(おそらく完全な隅(角)の部分が開いているはず)
        ※隙間がない場合は、DoT付きの爆炎よりホリッドロア2に巻き込まれる方が若干マシである。
        (ただし、円が重なっている場所にうっかり入ってしまわない事)

〜〜〜玉散開例〜〜〜
    D1    D2 
  MT        ST
       竜
   H1       H2
     D3   D4
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

  • アクモーン2
    • 内容としてはアクモーン1と同様、ただしアクモーン1よりも攻撃回数が1回多いので要注意。
       この攻撃回数が1回多い為、ヒーラーはアクモーン1よりも、1回多く範囲回復を行う必要がある。
       アビなどで上手く乗り切るようにしよう(例えば白魔道士なら、メディカラ→ケアルガ→アサイズで大体間に合う)
      • この回以降「真紅の吐息」を使用するためタンクのスイッチと移動は迅速に行う。
  • 真紅の玉2
    • 3箇所(中央+外周隅2箇所)に3個ずつ配置される。
      (下図は、フィールドを9分割した図で、この図の、■の内の2箇所+●の地点に3個ずつ配置される)
      (配置される玉は、1箇所目:■の中からランダム、2箇所目:● 3箇所目:1箇所目の対角線上の■、である。
       つまり、最初に左上に3個配置されたら、最後に配置されるのは右下である)
      ■ □ ■
      □ ● □
      ■ □ ■
    • 中央、外周隅2箇所に1箇所ずつ順番に配置されるので、最後に配置された隅へ退避。
      (上述の通り、1箇所目の配置位置の対角線上の隅が退避地点となるので、
       1箇所目の配置位置を見て、速やかにその対角線状の隅へ移動を開始する)
    • 全員隅の隅へ重なる。
  • ホリッドロア1
    • 渦が出現するので、「渦」と「玉」の「内側(隙間)」で回避。
    • 直前にキッチリ隅の隅に移動した状態で出現させられないと回避場所がなくなり壊滅する。
  • ヒートテイル
    • ニーズヘッグの向きに注意しつつ、なおかつ今までいた場所に残っている真紅の玉の、
      東西南北直線上にならない位置へ移動してテイルと爆炎の両方を回避する。
      どうしても回避しきれなそうなら、テイルの回避に集中し、爆炎を食らう方がまだマシである。
      • ヒートテイルの詠唱まで隅で待っていると回避が間に合わなくなる事が多いので、
        ホリッドロア1の渦を回避し、中央の3個が炸裂したのを確認したら、
        中央の方へ移動を開始しておくと回避しやすくなる。
        ソーサラーやヒーラーは、スプリントを使って逃げるのも手である。
  • アクモーン1へ戻る。

  • このループが2回繰り返され、通算5回目のアクモーンが終わって少しすると(直後ではなく割と猶予あり)

    ニーズヘッグ
    殺す、殺す、殺す!
    すべてのヒトを、喰らいつくしてくれようぞ!

  • このセリフと共に詠唱を開始し、詠唱完了で全滅(タイムオーバー)
    ※詠唱時間はそこそこあり、詠唱中は当然何もしてこないので、残りHPが僅かならば押しきれる場合も。
    戦闘開始から、ここまで11分。最後の詠唱時間込みで11分10秒程度。

コメント Edit

情報提供・修正依頼などこちらへおねがいします

お名前: URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White
  • いま2人とかソロでできますか? -- 2017-07-30 (日) 22:35:47
  • 青線ってヘイト1位に確定で来ますよね?なので始まりと最初の頭割りの直後にスイッチ必須かと -- 2016-08-28 (日) 19:54:54
  • アクモーンの時、保険で使うならヒラLB3では無くタンクLB3を ヒラLB3だとほぼ全滅まっしぐら -- 2016-07-11 (月) 07:50:00
  • 塔最初のハイジャンプマーカーはヒラの2人だけでは? -- 2016-06-21 (火) 15:52:38
  • フェーズ2への切り替わりは78%だったかと -- 2016-06-17 (金) 16:16:13
  • 雑魚フェーズで右側に湧くファラクが使う雷放電ですが、スタック1→2の時点でノーバフだと35000近いダメージ・軽減しても27000以上のダメージがあるので要対策、2→3では45000を超えるので無敵アビリティ必須かと。 -- 2016-06-13 (月) 01:27:50
    • 追記で左側に湧くブロビニャクが使う原罪は魔法攻撃です。なのでファラクのデバフを持ったタンクが受けてしまうと40000以上のダメージで即死です。 -- 2016-06-13 (月) 01:40:06
  • 終焉の竜詩の所ですけどニーズヘッグからのノックバック攻撃が来るまでに雑魚を殲滅するDPSチェックですよ。魔方陣は関係ないです -- 2016-06-10 (金) 16:14:19
  • てすと -- 2016-06-10 (金) 14:27:54

最新の20件を表示しています。 コメントページを参照