インスタンスダンジョン/基本戦術

Last-modified: 2015-03-13 (金) 17:17:49

インスタンスダンジョンTOP
インスタンスダンジョン概要


  • 基本的な隊列は先頭からタンク、近接DPS、ヒーラー、遠距離DPSという順番が望ましい。
  • 基本的にタンクが敵の攻撃を引き受け、ヒーラーがタンクを回復させ、DPSが攻撃するという流れになる。
    • 巴術士、召喚士においては、ペットは「セミオーダー」を推奨。(範囲攻撃で不要な攻撃を誘発してしまう為)
    • スリプルやリポーズが使用できる場合は、タンクが攻撃している敵以外を眠らせる戦術もある。
    • 前述の通り敵がかなり強いので、タンクが敵の攻撃を引き付けないと簡単に死んでしまう。
  • ボス戦などの一部の例外を除き、DPSは必ずタンクと同じ敵を攻撃する事。
    • DPSがタンクと別の敵を攻撃するとターゲットがDPSに移ってしまい、ヒーラーの回復が追いつかなくなる、または回復でDPSの敵視量を超えてしまい最終的にヒーラーがタゲられる事がある。
    • ヒーラーの回復の優先度はDPSが最も低い。基本どおりにやれば不可避の攻撃以外はDPSはダメージを受けないため。DPSがタゲられるのは自己責任であり、回復がこなくても文句は言えない。
  • タンクが敵視を全て引き付けないといけないので、特に初めてのIDではDPSやヒーラーは移動中はタンクより前に出ない事。
    • 不用意にタンクよりも前に出て、敵視に引っかかるような事態にならないように注意。
  • DPSはタンクが攻撃するまで絶対に攻撃をしない事。
    • DPSがタンクより先に攻撃してしまうと、リンクした敵もすべてDPSがターゲットされてしまうため。
    • モンクの羅刹衝や、竜騎士のスパインダイブなどの急接近攻撃は、タンクがターゲットされるまで使用は控える事。余程の理由がない限りは、基本しない方が良い。
    • タンクは戦闘の開始時に、フラッシュやオーバーパワーを使用し、敵全体の敵視を稼ぐ。リンクした敵は敵視が稼げておらず、回復や補助スキルを使用すると敵視が上昇するので、使用者に全てのターゲットがいってしまうため。
    • タンクが敵視を稼ぐ前の敵に攻撃する様な事をするのは危険である(ボス戦のザコは例外で、DPSが先に殴るのが良い場合が多い)
  • DPSやヒーラーはタンクが敵視を稼ぐまで敵視を抑えること。
    • DPSやヒーラーが最初から敵視の高い行動を取ると、タゲがフラつきやすく安定しないため。最初はDoTスキルや防御系アビリティなどにしておくといい。
      • シールドロブやトマホークには敵視アップの追加効果があるが、これだけではまだ十分な敵視が得られていない。
        少なくともフラッシュ、あるいはオーバーパワーを1回使うまでは攻撃を抑えよう。
    • 挑発は大量の敵視を稼ぐスキルではない。あくまで自身の敵視を、その時点での最高の敵視+1にするだけである。
      • 非戦闘状態の敵に使っただけでは0+1、DPSなどに跳ねた敵に使った場合でもDPSとタンクの敵視差は1なので、何かしらの手段で敵視を稼ぐ前にDPSが殴ると速攻で跳ねる。
  • いずれにしても重要なのは、全員の足並みをきちんと揃える事。
    • 1人の早まった身勝手な行動が、即パーティーを全滅させる要因になると心得よう。
    • ダンジョンに初めて挑む人は事前に申告して、経験者に攻略法などを教えて貰うと良い。
  • ある程度レベルが上がったら、アディショナルスキルを取っておきたい。
    序盤はともかく、クラスからジョブになる頃にはある程度のアディショナルスキルが欲しい所。
    エンドコンテンツに挑むならばアディショナルスキルがあると非常に便利。
    • 例えば斧術士/戦士は寝ている敵を起こさずに敵視を稼ぐスキルや、トマホークの届かない遠くの敵を釣る為のスキルが無い。
      なので、剣術士からフラッシュと挑発を持ってくる。
    • 例えば幻術士/白魔道士は緊急時に即座に回復を行うことが出来ないし、レイズのキャストタイムは非常に長い。


インスタンスダンジョンTOP
インスタンスダンジョン概要